其の五


日時: 2000 年 10 月 6 日(金) 19:00
場所: ムジカーザにて
一押し: ワイン(ソムリエセレクション)、ちこり&とんぶり、レバー(軽井沢腸詰屋)

プログラム:

(壱部)
ラフマニノフ 弦楽四重奏のための2つの楽章 :ラフマニノフの初期の作品。日本ではほとんど取り上げられることが無く、本ユニットで取組中の発掘シリーズの一環として紹介。
ヤナーチェク 弦楽四重奏曲 第二番 「ないしょの手紙」:ヤナーチェクはチェコスロバキアで1900年前後に生まれた作曲家である。長い不遇の時期を経て60歳を過ぎて活躍しはじめた頃、温泉療養地で何歳も年下のカミラと出会う。ヤナーチェクのカミラへの想い、純粋に精神的なものであり、その関係から自分は霊感を得ているのだと世間に示すために、この作品は74歳で書かれた。その間のカミラへの手紙は11年間で700通を超える。

(弐部)
煙が目にしみる(Smoke Gets in Your Eyes):Words & Music by Otto Harbach & Jerome Kern
1933年11月から295回上演されたミュージカル「ロバータ」の中のナンバー。タマラが歌って大ヒットした。このミュージカルは1935年に映画化もされている。(雪之丞編曲)

I Got Rhythm :Words by Ira Gershwin Music by George Gershwin
ガーシュイン兄弟の作詞・作曲による名曲。1930年のミュージカル「ガール・クレイジー」の中のナンバー。(雪之丞編曲)

ミスティー(Misty):Music by Erroll Garner
ジャズ・ピアニスト、エロール・ガーナーが作曲した美しいナンバー。ガーナーはこの曲を、ニューヨークからシカゴへ向かう飛行機の中で、霧の深い窓外を眺めているうちに思いつき、着陸後すぐにホテルへ駆け込み、そこのピアノを弾いてまとめ上げたという。(春奴編曲)

Birds:鳥が4羽さえずっている、大空を羽ばたく、ときには水辺で休む、そんな光景をイメージしたオリジナルナンバー(春奴作曲)
サマータイム(Summertime):Words & Music by Du Bose Heyward & George Gershwin
1935年のフォーク・オペラ「ポーギーとベス」の中のナンバー。第1幕で漁師の若い妻クララが赤ん坊をあやしながら歌う子守歌。(晶編曲)

スピリッツ・イン・アジア:アジアの混沌をイメージした、定番オリジナル。(春奴作曲)
All of Me:軽快なジャズスタンダードナンバー。(山本純編曲)
On Fire:Music by Michel Camilo
ジャズピアニスト、カミーロの曲を4人のアドリブを含む激しいかっこよさを追求したアレンジで。(春奴&小島編曲)

あんたがたどこさ:誰もが知っている日本の民謡をジャズ風にアレンジ。(小島編曲)
 

神秘な夜写真