定期ライブ 其の十三「美熱」



日時: 2008 年 8 月 10 日(日) 13:30
場所: ムジカーザにて
一押し: ワイン(白スパークリング)、赤キャンティ、手作りサングリア) ソムリエ:大野英子選→詳細)、ブリトー焼き豚、さくらんぼゼリー

プログラム:

(壱部)
エイトル・ヴィラ=ロボス 弦楽四重奏曲第1番と第17番
ヴィラ=ロボスの弦楽四重奏曲は17曲、第1番は若い時代に、最後の第17番は人生最後の方で書かれたものなので、その違いがおもしろい。どちらも民謡風でありながら古典的な形式を採用しているが、第1番は構成がシンプルでわかりやすく、第17番はぐっと複雑な曲になっている。1番は6楽章構成、17番は4楽章構成。メンバーは、難しくって曲になりにくい、重音が大変、などこぼしていたが、いざ本番は、大人の雰囲気できっちりまとまっていて、難しさをあんまり感じさせずに惹きこまれたあたり、さすがだった。

(弐部)

  • サマータイム (晶編曲)
    1935年のフォーク・オペラ「ポーギーとベス」の中のナンバー。第1幕で漁師の若い妻クララが赤ん坊をあやしながら歌う子守歌。
  • ティコティコ(大石真理恵編曲)
    ラテン音楽の名曲、ティコティコとは雀に似た小鳥のこと、エサをついばむ様子を表現している。編曲の大石さんはプロのマリンバ・パーカッション奏者で、弦楽器を打楽器のように使っているあたりがおもしろい。
  • 第三の男(雪之丞編曲)
    第三の男のテーマ(ハリーライムのテーマ)は、映画、第三の男の主題歌、ツィターの音色で奏でられる。ヱビスビールのテレビCMでお馴染みの曲。
  • 恋のバカンス - ジャンバラヤ(雪之丞編曲)
    ザ・ピーナッツの、恋のよろこびにバラ色の月日よと恋心を歌う恋のバカンスと、カーペンターズの、故郷に新婦を連れて行きお披露目パーティをする男の喜びを歌うジャンバラヤ。なぜかちょっと似ているので続けてアレンジ。
  • 太陽がいっぱい(春奴編曲)
    アランドロンを一躍スターに押し上げた名画「太陽がいっぱい」の主題歌、ニーノ・ロータの哀愁味あふれるメロディはあまりにも有名。春奴、現在アランドロンにめろめろである。
  • テキーラ(桑野聖編曲)
    The Champs が1958年に発表し大ヒットしたインストゥルメンタルナンバー。さびの部分でテキ〜ラ!と叫ぶのが定番。アレンジャー、作曲家としてもすごい才能のヴァイオリニスト桑野氏のこの曲は、バーンスタインを思わせるような珠玉のアレンジ。
  • 真っ赤な太陽(桑野聖編曲)
    美空ひばりの名曲真っ赤な太陽がジャジーなアレンジで大変身。
  • Dancing Woo-Ah-Woo(春奴作曲)
    セレソ・ローサ、ソラメンテ・ウナ・ベス、ピーナッツ・ベンダーの 3 曲のメドレーを、春奴がリアレンジ。面白い奏法がとりいれられている。

    壱部

    弐部

    弐部弐部
    弐部

    ドリンクスナック