『仲よき事はすばらしき事かな! in 仙台』

11月29日。

我ら芸スト&靖奴は、翌日の仙台でのコンサートのため
夜の東北新幹線に乗り込んだ。

いままでの私達の行動パターンを知っている方々は、もちろん新幹線内での大宴会を
想像しているに違い無いが、それは、大間違い!
移動中に明日のコンサートの打ち合わせや、今後の活動について話合わなければなら
なければならないことは一杯あるのだから。意外と真面目な面もあるんです。
もちろん、みんな、お茶系の飲み物を持参。

しかし、そこは芸スト。新幹線に乗り込んだ途端、

春「ねえ、前に仙台で行ったあのおいしい店なんていうんだっけ?」
紅「名前は覚えてるけど、電話番号はわかんない。」
雪「私、電話番号わかるよ。」
靖「じゃあ、電話して、予約しておこう。でも、市街局番がわかんないや。」
春「まって。今調べる」

そして、さっそく店に予約を入れる。
ふ〜、これで落ち着いた。(何しに行くんだか...)

それにしてもここまでの真剣さ、素早さ、連係プレイ。
素晴らしいチームワークだ。
新幹線の中、みんな、お茶を持っていながらも、口をつけるものはいない。
美味しいビールを飲むため無意識のこの行動がまたなんとも...

夜9時ごろ仙台到着。荷物を起き、すぐにタクシーで予約した飲み屋に。
ここの料理がこれまたおいしいの。あぁ、日本酒がんがん飲みたいけれど
明日は、朝10時からリハーサル。靖奴以外は、かなり押さえぎみの飲み。
でも、ビール、日本酒、ワイン、と、一通り制覇したんだけどね。

さて、翌日。晶以外はホテルで朝食をすます。(晶は、朝が大変苦手)
私達には、早朝の感覚だが、普段はOLの仮面をかぶっている靖奴はさすが。
うつろで思考能力のない芸妓達にくらべ、いつもと全く変わりのない余裕の表情。

そして、10時会場入り。
2時の開演にむけて結構ぎりぎりまでリハーサルをし、お弁当にありつく。
また、この中華のお弁当がおいしかったぁ。
演奏家にとってお弁当の善し悪しは、とっても大切なのだ。
それによって演奏も変わる。これほんとです。
そのおかげ?か、無事本番を終える。

そして、帰り。仙台駅。
新幹線の時間までは、40分ぐらいある。
それぞれに別れ、電車で落ち合う事にして自由行動。
私は、土産を買う相手もいないので、駅ビルをうろうろしていたが、
それにも飽き、「あ〜喉がかわいた〜」と思いながら歩いていると、
偶然、靖奴に会った。

靖奴「ねぇ、もう買い物終わった?」
雪之丞「うん、別に買う物ないし..」
靖「ねぇ、そこのキリンシティーでビールつきあわない?」
雪「いいよぉ〜(まってました!!!)」

てな会話をしつつ、キリンシティーに入ろうとしたとき。
後ろには、何の打ち合わせもなく春奴と紅玉が。

結局4人でいそいそと「クリスマス限定ビール」を飲む。これが、結構おいしかった。
その頃、晶はガラス越しに私達を見つけ、一生懸命手をふったらしいが、
ビールを飲んでる私達がそんな事に気がつくはずが無い。

さて、帰りの新幹線。
もう、本番もおわり、気持ちが伸び切った私達は、ワイン等飲んで過ごす。
その間にも

「ねぇ、東京に帰ったらどこで飲む?」
「う〜ん、もうワインに入っちゃたから、イタリアンかなぁ」
「どこがいい?」
「美味しくなきゃやだしなぁ〜」

等々の会話の結果、赤坂の先にあるイタリアンにて、またまた、ワインを飲み干す
芸妓&靖奴。ワインも美味しい、料理も美味しい!幸せ!
それにしても、なんで、この団体、飲む事に関してはこんなにタイミングと気が
合うんだろう.....しかも、決まったら即予約を入れる素早さ。
感動さえ覚える。

よくわかんないけど、芸ストしててよかったぁ!(笑)

(by 雪之丞)

東京に戻ってイタリアンレストランにて。乾杯!(連日の同じ顔での乾杯だわ。。。by 靖奴)
イタリアンレストランにて