元気が一番!忘年会

今年の芸ストの活動は本当に多岐にわたった。
普段の「鼻歌モーツァルトシリーズ」や「定期ライブ」のほかにクルージング、河口湖音楽祭への参加、杉並公会堂でのコンサート、同じ週に栃木「三島ホール」でのコンサートetc.。

とにかく中身のずっしりとした活動が多かった。
紅玉いわく「芸ストの当たり年だね!」

そんなすべての活動が終わりやっとここにこぎつけたよ、忘年会!
私たちが忘年会や新年会をすると言えばもう「磯一」しかないでしょう!

昨年は忘年会もしなかったし、今年新年会もしていないので、磯一の味が恋しい〜〜。

「さあ!忘年会だ!磯一ですっぽんだ!ふぐもだ!」
ってことになってわくわくとこの日を迎えたのよ。

今回、だんなはんは風邪のため残念ながら欠席、おんちゃんもダメということだったのだけど、晶ちゃん一家、根性で全員参加。

磯一につくと、お久しぶりのガンマさんが元気そうでうれしい、お母さんも元気そうでうれしい、お嫁さんも元気そうでうれしい。


晶ちゃんは遅れてくるとのことでまずは春奴、紅玉、靖奴、私の女4人で
「ほんとにお疲れ様でした!カンパーイ!!!」

そしてお刺身三点盛り。
白子はすでに売れてしまったとのことで残念。あん肝を頼み、
「こうなると日本酒かな」
「私はひれ酒」
とそれぞれ、好みのお酒に。


私と靖奴は「而今」のしぼりたてを。
にごりだし、ものすごく酔っ払いそうで危ないよね、でも飲まずにはいられないよねって。 さすが、美味しかった。
紅玉はひれ酒がお気に入り。春奴は澤乃井の大辛口を。
テーブルにはすでに2種類の鍋が待機。
ひとつはすっぽん、もうひとつはふぐね♪

「どちらから先にします?」
「やっぱりすっぽんのコラーゲンは女性優先だし!」
ってことで、すっぽん鍋。
身がぷるんぷるん。お出汁の味も本当にいいお味。
「美味しいね〜!」
もう遠慮なく行っちゃうね。
身にしゃぶりついた後には野菜をいれ。
ごぼうがまたいい甘味を出してくれる。
このころ晶ちゃん一家も到着。



再び乾杯をした後、一家はひたすら食べに専念していたわ。

そろそろ、ふぐも。
今回はふぐしゃぶにしてくれた。
これはお子たちに人気。おねーさんたちは骨についている身にしゃぶりつき。
ふぐもこれまた美味しいわ〜。

さすが磯一、まちがいなく美味しいものを食べさせてくれる。
鍋の美味しさと子供たちのパワーに汗をかくほど身体が温まる。

そして、〆の雑炊。
すっぽんとふぐ、どちら作ってもらったけれど、それぞれにものすごくいい出汁が出ていてどちらも美味しい。
「お酒のつまみになる雑炊っていうのもすごいね〜!」
いやいや、堪能しました。もちろんお肌つやつやよ。


春奴しきりに
「来年もこうしてみんなで元気でいたいね!」
ほんと、みんなが元気でいるのが一番。

帰りに靖奴とも
「みんなで元気に顔を合わせられるって幸せだね。磯一のみんなも皆さん元気そうだったし。」
「ほんと会えるっていいことだね。」

あら、なんだか、私たちの会話だんだん老人モードに入ってきているかしら。
でも美味しいものをみんなで楽しくいただいて、みんな元気に笑顔でいる!
これが一番!

こうして「芸スト」今年も無事活動を終えることが出来ました。
変わりなく応援して下る皆様、そして、今年また新たに出会えることの出来た皆様、すべての皆様に感謝です。

来年も元気に頑張ってまいります!!!
来年は記念すべき10周年だしね。