芸ストジャングルデビュー!?IN宮崎

10月11日の朝、私達はフローランテ宮崎「秋のフローラル祭」出演のため羽田飛行場にいた。
芸ストで初の九州進出、というか本島(っていうの?)を離れての活動はこれが初となる。

しかし、搭乗案内の掲示板を見上げると私達の乗る宮崎行きの案内の下には「天候上の都合に寄り福岡空港に変更の可能性有り」のテロップが流れている。
「ありゃりゃ、大丈夫かな?」
「でも今までこれだけ飛行機乗っていて違うとこに着いた事有る?」
「ないなぁ〜」「じゃ、大丈夫だよ!」と天候よりも土曜日も混雑にへきえきとし飛行機に乗り込む私達。
そして大揺れしたものの無事宮崎に到着。

聞けば私達の後の宮崎便はすべて福岡に到着したらしい。「運がよかったんだね〜、普段の行いがいいからね〜」
運が良かったらあんな嵐にならないとは思うんだけど…。

空港で出迎えてくださったOさんもほっとした笑顔。
そこから約30分車にゆられ会場に向かったが、その間も外は大雨、木は風でなぎ倒されそうなほどしなりまるで台風のよう。
この日晴れていれば、私達は野外の特設ステージで演奏する予定になっていたのだが、この天候のため、屋内のステージで演奏する事に。

会場に到着し演奏会場をみせてもらった春奴が楽屋に戻って来て
「すっご〜い!ジャングル、ジャングル!」
え?なになに?と見にいってみると「あ〜ほんとだぁ〜!」

しばらくしてリハーサルを始める。今回、都合により靖奴がこれなくなり、急遽マネージャーに任命された「おんちゃん」が音の響き等をチェックしてくれる。そしてリハーサルが終わったのだが
「眠〜い感じしない?」「なんだろね〜」
どうやら周りの木々や足下を流れる小さな小川のから発せられるマイナスイオンに癒されてしまったようだ。
そして本番が始まった。
これが上からみたところ。ジャングルでしょ!

こんな嵐の中お客さまいらっしゃるれるかしら。と思っていたのだが、大勢のお客さまが熱心に聴いてくださった。
MC(しゃべり)をするにも「葉っぱの間からこんにちわ〜」。でも何だか良い感じ。こんな経験2度と出来ないよね。とこの雰囲気にちょっとうきうきしてしまった。

ステージの合間に春奴、紅玉、雪之丞は隣の押し花の体験コーナーで葉書を作らせてもらう。
好きな色の紙を選び、その上に押し花になっている花や葉っぱを好きなように置いて行く。上から特殊なフィルムを貼ってもらいアイロンをあてると綺麗な葉書のできあがり。お互いに見せあって「それぞれの性格がでてるよね〜。」
親孝行な紅玉はお母様に、春奴作成の葉書は今回来れなかった靖奴に皆からのメ−ッセージを書いて送った。
2回目のステージも無事終わり、さ〜宴会だ!

0さんとがホテルに迎えにきてくださり、途中で「ちょっと気になる焼酎があったんで仕入れてきます!」と酒屋経由で今日の宴会会場のお店へ。関係者のKさんも加わる。

席に着くと、伊勢海老のお造りに伊勢海老のサラダ、アラ煮などにが大きなお皿に乗ってど〜ん、ど〜ん!!!と出てくる。その度に「すご〜い!!」と驚きの声をあげる芸妓達。

さすが九州。豪快〜〜!!!
お酒は期間限定の「赤霧島」と「松露のうすにごり」どちらもおいし。
ビールが好きな私でも、この日ばかりはビールもそこそこに焼酎に。私は「松露」がお気に入り!
やはり九州の甘い醤油には焼酎がとっても合うのだ。

0さんとKさんの話では九州ではお神酒も結婚式の乾杯も焼酎なんだとか。(本当?それとも騙されてる?)
学生時代の先輩後輩だったというこのお二人の息の合ったおおらかで楽しい話に芸妓もおんちゃんも笑いっぱなし。料理もお酒もどんどん進む!良く笑い、良く食べ、良く飲んだー!!!

殴り合い?いえいえホントは凄く中の良いお二人。やらせです!

今回のステージに関わってくださった皆様、天候の事も有り心配なさったと思いますし、それでもとても明るく暖かく対応してくださいました。芸ストの記憶に後々まで残るであろう楽しい仕事となりました。本当に感謝です。お世話になりました。
そして急遽マネージャーをつとめてくれたおんちゃん。おつかれさま。ありがとうね!

翌日は雨も上がり快適なフライトとなった。
「またいきたいね!一ケ所ってのもなんだから、九州ツアーとか!!」と芸妓一同夢を大きく帰って参りました。

今回もまた感じたのですが、芸ストは仕事に行く先々で「またこの方々と仕事をしたい。」と思わわせてくれる素敵な人々に出会えて本当に幸せを感じてます。旅はいいね!