「なんてたって最北端!」

6月中旬、前日から梅雨入りした東京を尻目に、飛行機で約2時間弱。
列島最北端の町、稚内に到着。それにしても、半端じゃなく寒い!

さて、2年前、列島最東端「納紗布岬」を制覇した私達。
ここまできて、列島最北端「宗谷岬」を制覇しないわけには行かぬ。

というわけで またもやレンタカーをゲット。稚内市〜宗谷岬、約30
キロの道のり春奴の華麗な運転で、ドライブ。

海沿いの道をひたすら走り、宗谷岬に到着!
まずは、「日本最北端の地の碑」という、何のひねりもないネーミングの
碑の前で お決まりの記念撮影。
天気がよければサハリンの島影を見ることが出来るそうだが 、
この日は生憎の曇り空にて、サハリンは見えず。

それにしても納紗布岬といい、宗谷岬といい、 最端の地というのは、何か共通した物悲しさを感じさせる。

さて、これで、無事最北端も制覇。周りの探索に出かける。
道路沿いにお土産屋や、ラーメン屋が並んでいるが、
とにかくここの「売り」は、なんてったって「最北端」なのだ。
「最北端ラーメン」「最北端キーホルダー」もちろん「最北端ペナント」も忘れてはいけない。
そこで今回は「買う勇気はないけれど、こんなん売っていました商品」他、
実際口にしたものまで 沖縄に引き続き またもや雪之丞の独断と偏見コメント入りで
いろいろ紹介させて いただきます。

それにしても、現地の人は実に薄着。
私達がジャンパー着ても「さむ〜い!」と大騒ぎしているのに、
ブラウス1枚で平 気で歩いていたりするのだ。
体感温度が違うのか?
これが、慣れというものなのか ?

どちらにしても、最東端根室や最北端稚内。
北海道の中でも極端に温度は低い!
夏だといっても甘く見てはいけません。
行く機会があるなら、防寒着をわすれずに。