〜倉敷 府中 因島巡り〜


久々である。

芸者ストリングスクァルテットツアー。
それも3泊4日。
今回のツアー、この人がいてこそのもの。春奴のもう6年位前からのお友達。素敵なおじさま Kさん。

朝11時頃の新幹線に乗り込む。紅玉と雪之丞は東京、春奴は品川、晶は新横浜から。
意外にミュージシャンらしくなく皆、時間には正確に集まるので、まあ若干、晶が不安材料なんだけどいつもぎりぎりセーフで大遅刻で大慌てしたという事はいまだかつてない。

新大阪より向こうに行くのは久しぶりっ!駅弁食べるのも久しぶりっ!
見慣れぬ景色を見ながら4人話も弾む。

岡山で在来線に乗り換え倉敷に到着。ここでKさんに会う。
大きなワゴン車に楽器と荷物を積みこれからの移動はこの車じゃけんのーとKさん。

そして、Kさんのお友達の女将がいる某老舗旅館へ。
ここは料理旅館と名打っているだけあり入り口にあるお料理メニューにまず目を通す芸妓達。美味しそー!
春奴がお酒好きだという事はよく知っているKさん、ぼそっと類は友を呼ぶんじゃなぁ。
ん、何か言いました〜〜〜〜!?

とても素敵な古い食器棚があるカフェスペースを左に見て受付の所で浴衣をお選び下さいって。
ここは私達、女の子、うわーいとそれぞれ好きな色と柄の浴衣と帯を選ぶ。和服はよいわー。

ツヤツヤの年代物の廊下を通りお部屋に。一部屋ずつこの辺りの地名が付いている。私達のお部屋は【阿知】(樹齢500年とか550年かとか言われている藤で有名)。
お茶菓子はきびだんご。
そして夜のお食事は小皿がいーっぱい和食とどーんとしゃぶしゃぶ。
もちろん日本酒でしょ。普段あんまり日本酒を飲まない雪之丞、紅玉、晶もここの冷酒がとても美味しく杯を重ねる。
Kさんは実はお酒類がまったく飲めない。(そんな風には全然見えないのよ)いろんな話をしながらだんだんお酒がまわってきていい調子になってきて最初は一応敬語とか使って固い感じでKさんと接していたのがすっかりお友達。
会話もだんだん色っぽく!?なってきて私達の向かいのお部屋に一人で部屋にお泊まりのKさんの所にかわりばんこに夜這いに行く話で盛り上がった。
そしてついたグループ名
『ヨーバイズ』


・・・・・次の日朝8時に朝食。化粧は薄いけど案外爽やかなお顔の私達。(誰も夜這いには行かなかった(笑))
車に乗り込み府中市へ。
約小一時間。
今日は歯科医師達の記念式典と祝賀会がありその祝賀会でコンサートだ。
昼前に到着。
会場に行き、みんなで椅子セッティング、譜面台も立ててリハーサル。
今回すべてのコンサートはマイクを使わず生音だ。床が絨毯で少し心配したけど4人集まれば音も大きい。心情的には私達なるべく音響機器を使わず生の音を聞いてもらいたいのでオッケイでしょ。

リハから本番まで2時間弱あったので雪之丞と紅玉はぶらぶらと散歩に。
春奴と晶は一眠り。控え室が畳なのってよいわー。

本番時間が珍しく早くなる。比較的ゆっくりしてた芸妓達、大慌てで衣装(今回はすべてアオザイ)に着替え塗装工事(化粧ね!)。
そして本番。祝賀会なので皆様お酒もはいっていらして大変和やか。
1ステージ目の後、休憩の時にロビーにいたら次から次へと歯科医達がやってきて話が弾む。
みんな明るい。一人、尾道には美味しい寿司屋があるんだよ〜んと言われた方がいて思ずKさんを振り返ってみた私達。その日の泊まりは尾道なのよねっ!

そして本番終了。
衣装のまま出口の机と椅子に陣取り手持ちでそれぞれ持ってきたCD置き、買ってくれたらいいねとサイン用にペンまで用意。
そしたら嬉しいじゃないですか。わらわらと皆様買っていってくれるじゃありませんか。
中には診療所でかけたいからと言う方もいたわ。
結局完売。
明日の分が・・・・・・・。


Kさん号に乗り込み尾道へ。昼にもしっかりお弁当を頂いたんだけどその頃にはお腹も空いてきた。
本番終わったらやっぱりまずビール飲みたいの〜。喉乾くの〜。
我慢する事約1時間。
尾道駅前のホテルにチェックインして少しKさんに夕食の時間早めてもらう。
土曜日のせいかどこもいっぱいだってKさんが言う。もうどこでもいいですよ、と言いながらも昼間聞いたお寿司屋は・・・と妄想でふくらむ。

んで、〜〜〜〜、やった〜〜!そのお寿司屋さんですぅ〜。私的には小躍り気分。
やっぱり海の恵みだわ。お刺身美味しいの。白子も牡蠣も絶品ね。

そして2軒目に。
近くの貝が沢山あるバーに。ここがまた不思議なオーラのあるお店。海が好きでいつのまにか集まったという貝の数々。マスターもママも気さくで気取った所がなく、出てくるちょっとしたおつまみも決して手の込んだものじゃないんだけど素材の味そのものがいいのよというやつ。
そこのマスターは蓄音機好きでいろんな種類の物が置いてあるんだけどそれを惜しげもなく私達の為に回して下さり、その音に酔っていい気分。見た事もない小さな蓄音機もあり、様は今で言うポータブルレコーダーよ。昔の人が音を再生する事を熱心に作り上げてきた歴史っちゅう物を少し学びました。今、手軽に音を楽しめる時代になったけどいろんな媒体を必要にせず音を聞いた時の感動をもう一度的なものって忘れてはいけない事なんじゃないかな、なんて思います。


ほろ酔い加減でホテルに戻る。ヨーバイズとしてはこれからかもしれないんだけどさすがにダウン。
(それでもコンビニに寄ってもらってビールを買った芸妓達。でも部屋飲みまではいかなかったわ。明日もあるし)

朝10時集合。
昼本番なので皆それなりにいいお顔でおはよう〜。
せっかく尾道に来たんだじゃからとKさんが国宝に指定されているお寺に寄ってくれる。
尾道は地形もいいせいだと思うんだけど(海からすぐに急斜面山になっていて眺望が素晴らしい)お寺が多い。何かが舞い降りてくる土地なのかなぁ。俳人、歌人、有名人の来訪も多い。

雪之丞と春奴、おみくじを引いてみた。結果はそうだな、燃え上がるような恋とかには縁遠い感じ。
みんなで横一列に並びお参り。何を思って手を合わせたかは本人知るのみ。

右手に島影を見つつなぜ左にくるーんと回っいかなきゃいけないの?と疑問符なげつつ方向感覚無くしつつ橋を渡りまず向島へ。向島はKさんが住んでいる所。一瞬しまなみ海道にはいり(運転好きな春奴としてはこのまま四国まで行きたい気分の素晴らしい景色)因島へ。

ここまでのドライブで感嘆する出来事。
『みかんの木が桜の木のように普通にある事』
道ばたにみかんがお供え物の様においてあり100円とかで持っていって下さいとの張り紙。
これには因島初体験の雪之丞、紅玉、晶(ちなみに春奴は3回目かな)はびっくり!!!
思わずみ〜か〜ん〜のは〜な〜が〜〜〜、さ〜いてい〜〜る〜〜♪♪と歌いだしちゃいました。
(ちなみにみかんの花は白くて可憐でとーってもいい匂いがして島中がその香りに包まれるんだって)

会場に到着。ここから見る景色も素晴らしい。
手作りのコンサートって素晴らしい。そう、楽屋っというものがなく急遽手作りでトントントンと木で枠を作り布を垂らしスペース確保。赤い布には村上水軍の家紋入り。(本拠地じゃけん)
お菓子も沢山、お茶類もお弁当も充実。もてなして下さった地元の方々の機敏な動きとご好意に言葉も出ず。

そして始まったコンサート。静かに聞いて下さるお顔お顔には微笑みがありーの安らかなお顔ありーのでとっても暖かい雰囲気で私達も演奏もちろんだけどしゃべりやすいってのかな、いつのまにかお友達の輪に普通にいる気分になっちゃって一体感!!こんな風に演奏出来る事がとっても幸せ!!
最後に2回目のアンコールの前に厳粛にご挨拶の所で雪之丞が本日はありが・・・(りでかんだのよね)れろれろれろれろってなって紅玉と春奴、こんなに舞台上で涙流しながら笑ったのは初めてなーんて事は些細な事ね!!

CDもっとあればよかったな。でも生の音を聞いて頂く事が私達の願いだから。でもやっぱり本当はこの音をもう一度って方々に聞いて欲しかったなと思うこの頃です。

さーて打ち上げです。ここのコンサートを主催して下さって方々と打ち上げ会場に。
やはり舟盛り!!3日間煮込んだというおでん。バイオリン、フルート、ピアノが好きでちょっとずつというイタリア語をグループ名に付けた方々。(ブリランテというのも候補に上がったらしい)。いろんな会話で盛り上がってはっさく酎なるものが美味しくてすっかりご機嫌の芸妓衆。いろんな人達と出遇えて話を聞けて楽しく飲んでって東京にいると滅多にない事よ。


そしてKさんのお友達Nさん宅へ。
お友達のお寿司屋さんが棚を持ってきていてお家でお寿司というなんとも贅沢な空間に身を置く事に。
ここで出遇ったちょー美味しい牡蠣!!とっても小ぶりでお年寄りが自分達が食べる分だけ冷たい海にはいり手でがりがりと摂ってそれを一つずつ剥いて洗って小皿にとり大根おろしと合わせてカプって食べるのー。
下ごしらえだけでも相当手がかかっていると思うしそういうのを私達に食べさせて下さるってのってどうよー!

もう日本酒!!っていったらふぐのひれをあぶってくれてひれ酒にしてくれたわ。
大きな昔ながらのお家で畳のお部屋は何畳あるのかしらん。(音楽が好きなご夫婦でそこでコンサートもやった事があるらしい。今度私達、正座でやりまーす。だめっ!?)
いろんな人々がわらわらっといて誰がどういう繋がりかなんて把握出来ないままこういうのっていいねーいいねーとぼーと飲み続け幸せ気分の私達。
また絶対来たいって全員が思ったわ。ありがとうございました〜〜〜〜〜!!!!!!

良い気分のまま御帰還!ま、ね、5時から飲んでたもんね!!昼のコンサートは良いよね!
早くから飲めるぅ〜〜〜〜〜!!
でも紅玉曰く、衣装ぱつんぱつんなのね!飲み続け食べ続けだもんね!



次の日、もう東京に戻らなくちゃいけないのね。
雪之丞、もう一週間はいれる、って。うん、反論はしないな。
新幹線の時間が12時位だったので尾道に来たらラーメンでしょ。晶は早い新幹線で帰ったので春奴、雪之丞、紅玉とT屋という中華そばで美味しいというラーメン屋目指して、10時にチェックアウトして歩いてぶらぶら向かう。結構距離があり途中お嬢さん達どこ行くけん!?とナンパされ、あれっと思ったらKさん。お目当てもラーメン屋に行く前に向かいのKさんのこれもお友達のピザ屋さんに行ってお茶。
そこでもひとしきりお話してヨーバイズはしっかりお友達!!

そしてラーメン!!お魚のお出しと油がしっかりあってお稲荷さんも美味しく朝ご飯何も食べず我慢していた3人はぺろっとたいらげ幸せ!

タクシーで新尾道駅に向かう。

なんだか東京にダイレクトに向かうんじゃなく例えば次は新神戸で降りてコンサート、次は大阪、京都、名古屋ってもっともっと芸者ストリングスクァルテットツアーが続けばいいなぁと思う春奴でした〜。

最後にお世話になったKさん、お友達の方々、深く御礼申し上げます!
また行きたいっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!